読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

infochangの日記

米問屋株式会社ライスセンター金子 小江戸市場カネヒロはお米の専門店

五百川の埼玉県における選択銘柄についてご報告。

五百川と河越米

 

毎日が本当に大変な時代になりました。何があるかわからない

将来、この文章を目にしたらあの時は頑張ったなって思える自分に会いたいものです。

しかし、古来より人類は苦難な時代を生き抜いてきた。

その英知があると信じ最大限の努力を惜しまない。

五百川は川越とその周辺で多く栽培が始まってます。

早場の河越米として8月の初旬より出荷が始まります。

五百川は九州のコシヒカリよりも早く収穫が出来食味もよいです。

埼玉ではコシヒカリが取れる前コシヒカリを継ぎ、食味が良好なうえに運送費も安く済み河越米の早場米として位置付けています。

五百川は埼玉県で農林水産省から選択銘柄として今年登録できました。株式会社ライスセンター金子が生産拡大に努める所存であります。

2003年、福島県中通り地域の農家、鈴木清和が、コシヒカリの突然変異種として発見[1]。8年間の育種を経て2010年より品種登録され、福島県中通り地域を中心に作付けが行われている。命名は当地を流れる河川、五百川から。
極早生の品種で、8月下旬には早場米として収穫可能である。草丈が短く、耐倒性に優れているほか、耐冷性にも優れる。食味はコシヒカリのそれを継ぎ、良好である。
福島県を除く東北地方においては、米穀商社の木徳神糧が種苗の供給権を有し、宮城県などでも生産が拡大している[2]。
また、2016年より山梨県においても選択銘柄として登録され、米穀商社の吉字屋穀店を中心に生産拡大に努めている[3]。

f:id:infochang:20161211141018j:plain

鈴木清和氏と金子宏

経営革新計画のなかでサービス産業支援事業と認定されています。

f:id:infochang:20160116141507j:plain

f:id:infochang:20160110171147j:plain

f:id:infochang:20160112154553j:plain

お米屋さん向け玄米販売 玄米市場

f:id:infochang:20161119144535j:plain

f:id:infochang:20160209175456g:plain

f:id:infochang:20160110162030j:plain